スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょッくらパラワンへ。⑦


ちょッくらパラワンへ・・・


プエルトプリンセサの市内観光中、

ガイドが、こう言っていました。


「この街には、タクシーがないんです。」

街の様子を確認・・・

うむ・・・ 確かにタクシーは走っていないのぉ・・・


「走っているのは、トライシクルとジプニーだけです。」

うむ・・・ 確かにトライシクルとジプニーだけしか走っていないのぉ・・・


「タクシーがない理由は、交通渋滞を防止するためなのです。タクシーがないからこの街は渋滞がないんです。」

うむ・・・ なるほどのぉ・・・


「トライシクルは、白色と青色のものしか走っていません。

うむ・・・ 確かに白と青だけじゃのぉ・・・


「曜日によってトライシクルは色が違うんです。月、水、金は白色、火、木、土は青色。」

うむ・・・ なるほどのぉ・・・


「日曜日は、両方の色が走っていいのです。」

うむ・・・ なるほどのぉ・・・


今日は土曜日じゃ・・・

・・・ということは、青のトライシクルじゃな・・・



PALAWAN (12)

おお~。確かに青じゃ、青じゃ。青が走っとる。



あれ??


・・・

・・・

・・・

PALAWAN(11).jpg


うそつき??



市内観光終了後、ホテルの戻る途中、大渋滞につかましました。


続く


‚É‚Ù‚ñƒuƒƒO‘º ŠCŠO¶ŠˆƒuƒƒO ƒtƒBƒŠƒsƒ“î•ñ‚Ö
‚É‚Ù‚ñƒuƒƒO‘º

‚É‚Ù‚ñƒuƒƒO‘º ŠCŠO¶ŠˆƒuƒƒO ƒZƒu“‡î•ñ‚Ö
‚É‚Ù‚ñƒuƒƒO‘º

スポンサーサイト

フィリピンリピーターへの道 ⑥

フィリピンの空港で見かける日本人中高年男性・・・

彼らのほとんどがフィリピンリピーターなのである。



フィリピンリピーターは喫煙率が非常に高い・・・

セブ到着後、空港で、

リピーターはゲートを出て、すぐにタバコをくわえ、火をつけるのである。


まだリピーターとはいえない人の場合、

まずは、灰皿の場所を確認してからタバコに火をつける。

しかし・・・

リピーターは違うのである。

ゲートを出たら、すぐにタバコをくわえ、火をつけるのである。

リピーターは、灰皿の心配などしないのである。

なぜなら、灰皿がどこにあるのか、すでにわかっているからである。

リピーターは、ビギナーとの違いを、この空港でも見せつけているのである。


リピーターは、必ず、日本の空港の免税店にてタバコを買ってくるのである。

フィリピンのタバコは、あまり吸わないのである。



やはり、リピーターとビギナーはすぐにわかる。

セブに到着したとき、ビギナーは、ちゃんと迎えが来ているだろうか・・・など心配事が多いのである。

そして、、ガイドなどとちゃんと会うと、ものすごくホっとするのである。


一方、フィリピンリピーターは・・・

非常に落ち着いているのである。

それどころか、態度が日本にいるときよりもでかくなるのである。

リピーターは、ビギナーを見下してみているのである。

そして、ビギナーが心配している姿を見て、

「そんなことで心配をしているようじゃ、まだまだリピーターにはなれないな」

・・・・と勝手に思っているのである。

そう思いながら、旅行用のバックに腰をかけ、タバコを吸うのである。



フィリピン人に話しかける態度も、リピーターはビギナーとはまったく違うのである。

ビギナーは、フィリピン人に友好的、そして、日本人と接するときと同じような態度で接する。

しかし、リピーターは違うのである、フィリピン人を見下しているような態度で話しかけるのである。

これは、リピーターの周りにいるフィリピン人達が、やたらとリピーターにぺこぺこするからである。

リピーターの勘違いが始まってしまっているのである。


このリピーターの勘違いは、中級レベルのリピーターになると段々勘違いと言うことがわかってくるのである。


上記のような行動をとるリピーターは、まだまだ初級である。



‚É‚Ù‚ñƒuƒƒO‘º ŠCŠO¶ŠˆƒuƒƒO ƒtƒBƒŠƒsƒ“î•ñ‚Ö
‚É‚Ù‚ñƒuƒƒO‘º

‚É‚Ù‚ñƒuƒƒO‘º ŠCŠO¶ŠˆƒuƒƒO ƒZƒu“‡î•ñ‚Ö
‚É‚Ù‚ñƒuƒƒO‘º


テーマ : フィリピン - ジャンル : 海外情報

ちょッくらパラワンへ ⑥

ちょっくらパラワンへ・・・・



ワニ園に到着しました。


PALAWAN (4)

なにやら、とてつもなく大きなワニの骨が・・・・

PALAWAN (5)

皮も・・・

PALAWAN (6)

結構有名な観光地のようで、たくさん観光客がいました。

ほとんどフィリピン人・・・・

PALAWAN (7)



ワニ・・・ たくさんいます・・・

PALAWAN (8)


大きなワニもいます・・・

PALAWAN (9)

口開けてます・・・

PALAWAN (10)


続く




‚É‚Ù‚ñƒuƒƒO‘º ŠCŠO¶ŠˆƒuƒƒO ƒtƒBƒŠƒsƒ“î•ñ‚Ö
‚É‚Ù‚ñƒuƒƒO‘º

‚É‚Ù‚ñƒuƒƒO‘º ŠCŠO¶ŠˆƒuƒƒO ƒZƒu“‡î•ñ‚Ö
‚É‚Ù‚ñƒuƒƒO‘º

テーマ : フィリピン - ジャンル : 海外情報

ちょックラパラワンへ ⑤

ちょックラパラワンへ。



教会に来ました。


PALAWAN (1)


PALAWAN.jpg


まぁ、普通かな・・・・


次に向かったのが、お土産屋・・・

PALAWAN (2)


PALAWAN (3)


ガイドにコミッションがガッツリはいります。

そして、ワニがたくさんいるというワニ園に向かいました。

ここまで、私が日本人であることはバレませんでした。

自分の顔が、そんなにフィリピン系なのか・・・・と少しショック。

移動中の社内で、ガイドがいろいろ、客に話しかけます。

車内にいた唯一の白人には英語で、

それ以外は、タガログ語で話しています・・・


仕事の話になり・・・

何の仕事をしているのか、ガイドが私に聞いてきました。

「旅行会社」と正直に答えると、

興味を示したのか、白人とその妻のフィリピン人も私にいろいろ聞いてきました。


私のカミさんもその会話に参戦。

面倒くさいことになってきました。


カミさんは、私の会社は日本人観光客が相手であることを話すと、

さらに食いつかれました。

ガイド:「それじゃ、あなたは日本語が話せるの?」

私:  「は・・・はい。話せます。(日本人ですから・・・・)」
 
ガイド:「うらやましい。私、日本語勉強したいわ」


何とか日本人であることはまだ、バレずに済んでいます。

私の頭の中に、先ほどの公園で、ガイドが客に説明していたことが思い出されます。

「日本兵が、アメリカ兵を焼き殺した」
「日本兵が、この土地の有職者の首を切り、マニラに送った。」

・・・・

・・・・

・・・・

・・・・その時、

・・・カミさんが、一言・・・

「この人、日本人だよ。」



車内は・・・・


シ~ン・・・・・


・・・・・
・・・・・
・・・・・


とりあえず、笑っておきました。






続く



‚É‚Ù‚ñƒuƒƒO‘º ŠCŠO¶ŠˆƒuƒƒO ƒtƒBƒŠƒsƒ“î•ñ‚Ö
‚É‚Ù‚ñƒuƒƒO‘º

‚É‚Ù‚ñƒuƒƒO‘º ŠCŠO¶ŠˆƒuƒƒO ƒZƒu“‡î•ñ‚Ö
‚É‚Ù‚ñƒuƒƒO‘º

テーマ : フィリピン - ジャンル : 海外情報

ちょっくらパラワンへ ④

ちょっくらパラワンへ・・・・

市内観光の次の訪問先は、PLAZA CUARTELというところ・・・

PALAWAN No 3 (7)


公園のようなところです。

PALAWAN No 3 (8)

ガイドが案内したところは、なにやら石碑のあるところ・・・

PALAWAN No 3 (9)

ガイドが歴史の説明を始めました。

第2次世界大戦のときの出来事です・・・

143名のアメリカ兵が、ここで日本兵に焼き殺されたとか・・・

生き残ったのはたった11名・・・

PALAWAN No 3 (10)

また、日本兵は、この土地の有力者の首を切り、マニラに送ったとか・・・・


反日・・・


続く


‚É‚Ù‚ñƒuƒƒO‘º ŠCŠO¶ŠˆƒuƒƒO ƒtƒBƒŠƒsƒ“î•ñ‚Ö
‚É‚Ù‚ñƒuƒƒO‘º

‚É‚Ù‚ñƒuƒƒO‘º ŠCŠO¶ŠˆƒuƒƒO ƒZƒu“‡î•ñ‚Ö
‚É‚Ù‚ñƒuƒƒO‘º

テーマ : フィリピン - ジャンル : 海外情報

ちょっくらパラワンへ ③

ちょっくらパラワンへ・・・・


ホテルのチェックインを終了し、部屋に荷物を置いて・・・

昼食・・・・。

PALAWAN No 3 (1)


ホテル内のレストランにて

PALAWAN No 3 (2)

そんなに大きいレストランではありません。フィリピン料理の食べました。

PALAWAN No 3 (3)

まあまあのおいしさ。

昼食終了後、オプショナルツアーとして申し込んでいた市内観光に出発。

フィリピン人のガイドがホテルに迎えに来てくれました。

若い女性ガイド。

私は日本人ですが、日本人ということは内緒でしない観光に参加。

カナダ人の男性、その妻のフィリピン人、フィリピン人の家族5名、そして、私の家族4名が同じ車両で。

カナダ人がいたので、英語でのガイドです。

カナダ人がいなければ、全部タガログ語でした。

ガイドが私に私の子供のことをタガログ語で聞いてきました。

適当に「オオ」(はい、という意味)と答えておきました。

質問と答えがマッチしていたようです。


最初に訪れたのは、海・・・

街の港でしょうね。

PALAWAN No 3 (4)

遠くの山は、ジュラシックパークのようでした。

旅行に来たな~って感じです。

PALAWAN No 3 (5)

ここはちょっと広いスペースになっており、今夜はコンサートなどが行われるみたいです。

夕食は、ここに来て食べることにしました。

PALAWAN No 3 (6)


続く


‚É‚Ù‚ñƒuƒƒO‘º ŠCŠO¶ŠˆƒuƒƒO ƒtƒBƒŠƒsƒ“î•ñ‚Ö
‚É‚Ù‚ñƒuƒƒO‘º

‚É‚Ù‚ñƒuƒƒO‘º ŠCŠO¶ŠˆƒuƒƒO ƒZƒu“‡î•ñ‚Ö
‚É‚Ù‚ñƒuƒƒO‘º

テーマ : フィリピン - ジャンル : 海外情報

ちょっくらパラワンへ ②

セブからパラワンまでは飛行機で約1時間・・・・

セブからマニラより近いです。

パラワンの街プエルトプリンセサに到着。

PALAWAN No 2 (2)

プエルトプリンセサの空港は、小さいですね。

PALAWAN No 2 (3)

荷物を受け取り・・・

PALAWAN No 2 (5)

空港の外へ。

たくさんの旅行会社、ホテルが空港に客を迎えに来ています・・・。

PALAWAN No 2 (4)

今回宿泊するホテルは、LEGENDとかいうホテルです。

空港にホテルの送迎者が迎えに来ていました。

セブの空港ではよく、ガイド、もしくは、ホテルのスタッフから声をかけられるのを 

待っている日本人旅行者がいます。

自分から自分の泊まるホテルのボードを持っているスタッフに話しかけましょう。


PALAWAN No 2 (6)

空港からホテルまでは15分くらいでした。

ホテルに到着です。

PALAWAN No 2 (8)

チェックインを完了し、部屋へ。

PALAWAN No 2 (9)

なんかちょっと高級そうなホテルではないか・・・

このホテルは、私のカミさんが手配をしていました。

よくやったカミさん。たいした予算もないのにいいホテルをみつけたなぁ。

部屋も結構いいに違いない。

スイートルームのような部屋を想像。


そして、部屋に入りました。

PALAWAN No 2 (7)


部屋は、まぁ・・・・

普通かな・・・・



続く。


‚É‚Ù‚ñƒuƒƒO‘º ŠCŠO¶ŠˆƒuƒƒO ƒtƒBƒŠƒsƒ“î•ñ‚Ö
‚É‚Ù‚ñƒuƒƒO‘º

‚É‚Ù‚ñƒuƒƒO‘º ŠCŠO¶ŠˆƒuƒƒO ƒZƒu“‡î•ñ‚Ö
‚É‚Ù‚ñƒuƒƒO‘º

テーマ : フィリピン - ジャンル : 海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。