スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨雲

ナルスアンに行く途中・・・

前方に雨雲・・・

             IMG_1994.jpg


どんどん、こちらのほうへ近づいてきます・・・

             IMG_1995.jpg


運良く、雨雲はナルスアンを回避して行ってくれました。

こういう雲、最近よく登場するんです。

スポンサーサイト

いざ、ナルスアン!

いざ、ナルスアン。

             IMG_1987.jpg


今日の朝は、やや曇り気味・・・

しかし・・・ナルスアンに向かう途中、太陽が顔を出してくれました。

          IMG_1988.jpg


ナルスアン到着。

          IMG_1989.jpg


今日は、2本のダイビング。

昼食は、もちろんナルスアン島に上陸してバーベキュー。

ドリーマーズ人気のバーベキューメニューがこれ。

          IMG_1991.jpg


何という名前かわかりません・・・というのは、聞くフィリピン人によって、このメニューの名前が違うんです。


ヒルトゥガン島

ヒルトゥガン島に上陸しました。

           IMG_1984.jpg


この島に上陸する目的は、昼食をとること。

           IMG_1985.jpg


このような、広いところで昼食をとります。

           IMG_1986.jpg


昼食は、もちろんバーべキュー。

それ以外に、上陸の目的は、今のところありません・・・・。

七輪

日本では、七輪を使って料理を作る家は、ほとんどないでしょう。

ここセブでは、七輪を使うのが一般的。

ガスを使っているところも多いが、七輪のほうが、まだ多いかもしれません。

そこらのサリサリストアには、炭が売られています。

マクタン島に限らず、セブシティでも、七輪を使って料理をしている光景をよく見かけます。

        dreamers 213


七輪で、お米を炊き、おかずを作り・・・暑い季節ですから、汗だくです。

ナルスアン

ナルスアン島に行ってきました。

ここは、長い桟橋があり、島までずいぶん距離があります。

桟橋を、島に上陸するために歩いただけで、かなり日に焼けてしまいます。

日焼け対策が必要になる場所です。

         IMG_1981.jpg


         IMG_1982.jpg


島には、たくさんの観光客。日本人、韓国人、中国人・・・・

         IMG_1983.jpg


きれいな島なので、観光客に人気があります。

洗濯・・・

洗濯・・・

フィリピン人たちが、服を洗濯している姿をよく見かけます。

あまり、洗濯機を使わないで、手洗いでの洗濯。

大きな桶の中に洗濯物を入れ、洗剤をいれ、ゴシゴシと・・・。

私もたまに、フィリピン人たちと同じやり方で洗濯するのですが・・・

これ・・・結構疲れます。

洗い終わった後は、洗濯物の水をよくきらずに、びしょびしょのまま干します。

洗濯物が乾くと、きれいにたたんでしまっておくのです。

フィリピン人は、整理整頓するのが好きで、家の中は、いつもきれいに整頓されています。

           IMG_0563.jpg


セブシティの朝・・・

洗濯をする女性の姿をよく見かけます。

警察へ

セブシティの警察署を覗いてみました。

警察署の場所にもよるのですが、夜は基本的に巡回を中心にしているようで、警察署に警察官があまりいませんでした。

私が訪れた警察署は、セブの大聖堂の近くにある警察署。

警察官が常駐している部屋は、日本の交番みたいな感じでした。

奥のほうを見ると、留置所らしきものが・・・

中には、上半身裸の男がたくさん入っていました。

その日の夜につかまった人たちと思われます。

みんな・・・悪そうな顔してました。


一件のゴタが発生しました。

内容にありましては、以下のとおりです。

女の子3人の住んでいる部屋の家賃を、その部屋のオーナー関係者に払ったところ、

後になって、「俺はそんなお金はもらってない」と言い始めた。

そこで、そのオーナー関係者を連れて警察署へ・・・という事件です。

オーナー関係者は40代くらいの男で、かなり酔っているようでした。

15分くらい、警察官の前で言い争いをしていたところに、

ある男性が来て・・・

「私は彼女たちが彼にお金を払っているところを見ました。」と・・・

それを聴いた瞬間、警察官の目が・・・

図太いノートを取り、オーナー関係者の男の頭を・・・

バコ~ン!!!

いい音が、室内に響きました。

その男、即牢屋入り・・・。


日本の交番でも、こんな光景はありますね・・・。

警察は、日本でもセブでも忙しいようです。

ERへ

ER(緊急救命室)

セブの病院のERを覗いてみました。

夜・・・・たくさんの患者がいました。夜間の診察は、全てこのERで行われます。

診察をするならば、まず医者に、どこが悪いのかとか、どこが痛いのかなどを聞かれ・・・

症状などを言うと、医者が指定する薬などを買ってくるように言われます。薬局は病院内にあるので、そこで買ってきます。診察料もそのとき払うように言われます。

まずは、お金を払わないと診察してもらえない・・・ということです。

薬を買って、ERに戻ると、診察開始です。注射などを打たれたりと・・・

問題は、薬代・・・高い!!

これ・・・一般のフィリピン人は払えないんじゃないかと思います。

ちなみに、この話、私の友人が腹痛を訴えたので、夜病院に行ったときの話なんですが・・・

全部、私が払いました・・・

診察代、検査代、薬代など・・・トータルで4000ペソくらい・・・。

その友人・・・検査によっていろんなことがわかりました。ちょっと言えませんが・・・

私が病院に連れて行かなかったら・・・死んでたかも・・・

検査を終えて、命に問題はないことがわかり、ホッとしました・・・が・・・

友人が完璧に体調が良くなるまで、私が面倒を見なければならないことになってしまって・・・

イヤとも言えず・・・

金が・・・ヘソクリが・・・・

なくなってしまう・・・


教会へゆく・・・

教会にに行ってきました。

          dreamers 221


フィリピンは90パーセントははキリスト教徒です。そのため、、フィリピンのいたるところにこのような教会ががあるのです。

        dreamers 227


教会の中には中には、お祈りをする人たちの姿が・・・

風通しもいいので、こんな人も・・・

          dreamers 226


爆睡中・・・

厳格なキリスト教徒がが多いフィリピン。

結婚前に○○○は、してはいけないはずなんですが・・・

子持ちの独身女性がやたらと多い・・・

厳格なキリスト教徒が、本当に多いフィリピンでした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。