スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィリピーナへの恋 その9

フィリピーナへの恋・・・

最後の夜も、何ごともなく終わってしまいました。

帰国の準備をするHさん。

荷物をまとめます・・・

Hさん・・・

帰りたくないなぁ・・・・


送迎の車が到着。

Hさんと彼女が乗り込みます。そして空港へ・・・

車の中では、彼女が手をギュッと握り・・・

もう・・・ベッタリ・・・


どんどん空港に近づいてきます。


ついに、空港に着いてしまいました。

Hさん・・・ため息が止まりません。


車から荷物を降ろすHさん・・・

彼女も車から降ります。そして・・・

強烈な・・・

ハグ!!

Hさん、幸福感いっぱい。


ありがとう。必ずセブに戻ってくるからね。

彼女は、黙って、Hさんの手をつかみ、

また車のほうへHさんを連れて行きました。

そして・・・

あなたは、今セブに着いたところなのよ。さあ、セブに戻りましょう・・・

Hさん・・・微笑みます。

電話するから。

うん。たくさん電話してね。

わかった・・・・

じゃあね。


Hさんは、空港の中へ行ってしまいました。


帰国したHさん、彼女と連絡を取り続けているようです。

かなり本気のようです。


でも・・・

フィリピン人の女の子は、いろんな子がいますから・・・

怖いですよ・・・

彼女がいい子であることを願います。


おわり

スポンサーサイト

テーマ : フィリピン - ジャンル : 海外情報

フィリピーナへの恋 その8

フィリピーナへの恋・・・


Hさんの帰国日が明日となってしまいました。

最後の夜は、やはり彼女と一緒にすごしたい・・・

彼女には、すでに最後の夜は、一緒に朝までいてほしいと伝えてありました。

Hさん・・・

バーに向かいます。


夜9時・・・

バーに到着。

バーに入ると・・・・いました。彼女・・・

コスチュームに着替えることなく、Hさんを待ってたようです。

少し、バーで行っくりしてからコンドミニアムに向かうことにしました。

今日は、最後の夜・・・

今日は、最後の夜・・・

今日は、最後の夜・・・


Hさん、これから過ごすことになる彼女との夜を想像・・・・

彼女との夜・・・

彼女との夜・・・

彼女との夜・・・


今日は、君を離さない・・・

彼女とバーをあとにします。

今日は、君を離さない・・・

タクシーに乗り、コンドミニアムに向かいます。

今日は、君を離さない・・・

コンドミニアムに、到着です。

今日は、君を離さない・・・

部屋に彼女と入りました。

今日は、君を離さない・・・

彼女が化粧を落とします。

今日は、君を離さない・・・

彼女が、Hさんにボソッと・・・

今日は、君を離さない・・・

Hさん、私・・・今日は・・・

今日は、君を離さない・・・

私・・・今日・・・生理なの・・・

今日は、君をはなさ・・・・   え?

私、生理なの・・・

ああ・・・ううん・・・そうなんだ・・・


Hさん、次回までお預けです。



続く

テーマ : フィリピン - ジャンル : 海外情報

フィリピーナへの恋 その7

フィリピーナへの恋・・・


朝まで一緒にいてくれた彼女・・・

幸福感いっぱいのHさん・・・

そんな2人の間に、こんな会話が交わされました。

今日も君に会いにバーに行くからね。

わかった・・・でも11時ころバーに来てくれる。

・・・・・

わかった。じゃあ、11時ころに行くね。

うん。待ってる。


11時・・・11時まで何してようかなぁ・・・


Hさん、11時少し前にバーに到着。

バーに入ってみると・・・

彼女の姿がありません。

まさか・・・連れ出されてしまったのでは・・・

・・・とりあえず、彼女の携帯にメッセージを送ります。

「今、バーに着いた。君のことを待ってます。」

彼女からの返信はありません・・・。

彼女を信じ、待ち続けるHさん。

すると・・・

彼女から、携帯にメッセージが・・・

「ごめん、今日はバーにいけなくなってしまったの。親戚がさっき出産したから、今病院にいるの。本当にごめんなさい。また明日来て。」

Hさん・・・

がっくり・・・

そんなHさんの姿を見て、周りの女の子たちが、Hさんを楽しませようと騒ぎ始めました。

その楽しませようとした行為が・・・・

またまた逆効果!!

さらにガックリするHさん・・・


少ししてからHさん帰りました。

Hさんが帰った2,3分後・・・

ガチャ・・・

バーの扉が開きます。

そこに立っていたのは彼女でした。

彼女は、周りの女の子に、

Hさんは?

え? 今さっき帰ったよ。

そう・・・彼女は戻ってきたのです。

外にHさんを追いかけていった彼女。しかし・・・

Hさんはすでにいませんでした。


Hさんは、コンドミニアムに向かうタクシーの中・・・

かなり・・・落ち込んでいます。

彼女がバーに戻ってきたとはHさんは知る由もありません。


コンドミニアムにつくなり、すぐにHさんは寝てしまいました。

あ~・・・・彼女に会いたかったなぁ・・・・


続く

テーマ : フィリピン - ジャンル : 海外情報

フィリピーナへの恋 その6

フィリピーナへの恋・・・

彼女とデートをすることができたHさん・・・

デート終了後、彼女を家に送るタクシーの中で、こんな会話が交わされました。

明日も君に会いにバーに行くね。

わかった。待ってる。

明日もコンドミニアムに来てくれる?

いいよ。お姉さんには、話してあるから朝までいられるし・・・。

じゃあ、10時ころバーに行くね。

うん。




夜10時ころ、バーに到着したHさん・・

さっそくバーに入り、彼女を探します。しかし・・・

彼女にはお客さんがついていました。

とりあえず待つことに・・・

バーのソファに座ると、どーでもいい女の子たちが寄ってきます。

彼女についているお客さんは、日本人のようで、すぐに帰るらしいのですが・・・

30分が過ぎても、彼女についているお客さんは帰ろうとしません。

そのとき、彼女が何やら更衣室のほうに入って行きました。

そして、彼女についていたお客さんも、会計をしているようです。

Hさん・・・

ようやく客が帰ってくれるか・・・

すると・・・

彼女が更衣室から出勤時の服装で出てきたのです。

ま・・・まさか・・・

そう・・・

彼女は、バーから連れだされてしまうのです。

そ・・・そんな・・・

Hさんには、一番見たくない光景・・・

彼女が、Hさんに近づいてきました。


1時間で帰るから待ってて・・・


1時間・・・・・

1時間で仕事を終える・・・・

無理だろう・・・・


彼女は、客とバーを出て行きました。

Hさん・・・

がっくり・・・

Hさんが、ガックリしている姿を見て、周りの女の子がHさんを楽しませようと騒ぎ始めました。

彼女たちが楽しませようとした行動が・・・

逆効果・・・

ますますガックリするHさん。

45分が経過・・・

あと15分・・・

本当に帰ってくるのか・・・・


と・・・


そのとき・・・


ガチャ・・・


バーの入口のドアが開く音が・・・・


か…帰ってきた・・・

彼女が、Hさんに近づいてくる姿が・・・

スローモーション・・・

彼女は、Hさんの隣に座るなり、

ね、時間通り帰ってきたでしょ。

Hさん・・・

感動!!


疲れたでしょ。ボクのコンドミニアムでゆっくり休みな。

うん。

タクシーで、コンドミニアムに向かいます。

彼女は、Hさんに寄り添いながらスースー寝音をたて、寝てしまいました。

その寝顔をみて

Hさん・・・・・



ニヤける・・・・




続く






テーマ : フィリピン - ジャンル : 海外情報

フィリピーナへの恋 その5

フィリピーナへの恋・・・


Hさんのコンドミニアムに来てくれた彼女。

3時までには、帰らないといけなかったのだが・・・・

結局、寝てしまって、7時ころまでいたらしい・・・


朝・・・

Hさんと彼女の間には、こんな会話が交わされたらしい・・・

12月が君の誕生日なんだよね。僕は12月はセブに来れそうもないから、誕生日プレゼントを買ってあげる。

え?ほんと?

何か、ほしいものあるの?

ん・・・、ほしい靴があるんだけど、ちょっと高いんだ・・・

大丈夫、君のために買ってあげるよ。明日と明後日はちょっとバーに行けないかもしれないんだ。だから、その次の日、昼間じかんある?

うん、大丈夫だよ。

よし、じゃあ、その日に靴を買いに行こう。君の家までタクシーで迎えに行くから。何時に行ったらいい?

11時は?

わかった。11時に迎えに行くね。


彼女は、仕事でダンスをするときの靴がほしいらしいのです。

Hさん、ついに彼女と昼間にデートすることになったのです。



そして、

デート当日。

11時少し前に、彼女の家に到着したHさん。

外でタバコを吸いながら、彼女が家から出てくるのを待っていました。

すると・・・

彼女が・・・

来た!!

白のタンクトップに、ちょー短いジーンズの短パン、そしてサングラス。

Hさん・・・・

うぁ・・・かっこいい・・・

彼女に、見とれてしまいました。

さっそく、タクシーに乗り、大きなショッピングモール・アヤラセンターへ。

タクシーの中では、彼女が、もうベッタリくっついてきました。

Hさん・・・

最高だなぁ…この時間。


アヤラセンターで、彼女のプレゼントを購入。

購入したのは、シルバーのハイヒール。2000ペソ以上の高価なもの。

彼女の喜ぶ顔が見たくて、がんばるHさん・・・


彼女の携帯電話には、カメラ機能が付いています。

ワンフラワーに行ったときに、そのカメラで、写真を撮ったりしていました。

その写真を、現像し、彼女は、写真をHさんにプレゼント。

彼女の写真を手に入れてHさん・・・

もう、ちょ~うれしいんだけど・・・

昼食をとった後、

彼女と、マッサージに行きました。

彼女は、マッサージが好きらしいのです。


彼女より先に、マッサージを終えたHさん・・・

外で、彼女を待ちながら、先ほどもらった写真をみていたら・・・

彼女が、マッサージを終えて店から出てきました。

写真を見ているHさんを見て・・・

照れくさそうにしている彼女・・・

その姿を見てHさん・・・

か・・・かわいい・・・


ちょっとしたカフェに入り、少し休んでから、彼女を家に送ることにしました。

椅子に座るや、彼女がHさんの手を・・・

ぎゅっ・・・・

握って離しません。

見つめあう二人・・・

Hさん・・・・

もう、彼女以外、考えられない・・・

惚れこんでいますHさん・・・。


彼女を、送るためにタクシーに乗り、彼女の家に向かいました。

タクシーの中では・・・

もう、ベッタリ・・・

彼女の家に近づくにつれ、

Hさん・・・

あ~・・・家に着いちゃう・・・デートが終わっちゃう。

残念そうにしているHさんの顔を見て、彼女・・・Hさんに・・・

濃厚なキス

幸福感いっぱいのHさん・・・

別れ際も、キス、キス、キス・・・


彼女を送り届け、帰路につきます。

タクシーの中で彼女からもらった写真をじっと見つめ・・・・

Hさん・・・



ニヤける・・・



続く









テーマ : フィリピン - ジャンル : 海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。