スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失踪の真実 最終回

失踪の真実・・・


もう、ジェフリーの怒りは、誰のにも抑えられる状態ではなかった。

そして、ジェフリーは棒でグレイスの腕を殴りつけた。

骨が折れた。

それでも、ジェフリーはグレイスの両腕を殴り続けた。

もう骨は、コナゴナになっているであろう・・・

両足も殴りつけた。

恐らく、レイナンとグレイスは、二度と手足は使えないであろう・・・


家の中は、レイナンとグレイスのうめき声だけがひびいていた。

ジェフリーは、レイナンをグレイスの隣まで引きずっていき、二人をならベた。

二人は、服も何も着ていない・・・

ジェフリーは、二人をにらみつけ、そして、家から出て行った。


ジェフリーは、男性との待ち合わせ場所であるサリサリストアに向かい、そこで男性を待った。

少ししてから、男性がトライシクルに乗ってやってきた。

バックを2つ持っていた。

男性は、カガヤン・デ・オロへ行き、そこからフェリーに乗ってセブに向かうという・・・

ジェフリーと同じくセブに向かうのだ。

ジェフリーは、トライシクルに乗った。そして、出発した。

「女と話は終わったのか?」

男性が訊いてきた。

「ええ、終わりました。」

「そうか・・・もうスッキリしたのだな。」

「はい。」

「女なんて、所詮そんなもんだ。ほかの女を探せよ。すぐに他の男について行くような女でなく、自分だけに尽くしてくれるような女を。」

トライシクルは、坂道をゆっくり下りて行った。



太陽の日差しがきつい、ミンダナオの朝の出来事だった。



マニラ・・・

あれから、5年が経っていた。

「パパ、パパ」

ジェフリーは、子供の声で我に帰った。

女の子が、母親と手をつないで、ジェフリーのほうへ歩いてきていた。

ジェフリーは母親の顔を見た。

女の子の母親は、ジーナだった。

二人は、4年前に結婚して、マニラに移ってきたのだった。

「パパ、アイスクリーム食ベたい。」

女の子が、ジェフリーの手を握ってそう言った。

「よし、アイスクリームを食ベに行こう。」

ジーナがほほ笑みながら、ジェフリーと腕を組み、歩きだした。

ジーナは、ジェフリーに話しかけた。

「さっき、何考えての?」

「ああ、5年前に、ミンダナオへグレイスを探しに行った時のことを思い出してたんだ。」

「ふ~ん・・・。もし、グレイス・・・どこ行っちゃったのかしらね。」

「さあ・・・」

そして、少し沈黙が流れた・・・・

ジーナが話し始めた。

「もし、グレイスとレイナンが、駆け落ちしなかったら、私たちは結婚してなかったかもしれないわね。」

ジェフリーが、驚いた表情でジーナを見た。

「お前、何でグレイスとレイナンが駆け落ちしたって知ってるんだ。俺は一言も言ってないぞ。」

「いいじゃない、そんなこと。もう昔のことなんだから・・・」

そう言って、ジーナは微笑んだ。

「そうだな・・・・もう、昔のことなんだよな・・・」



終わり
スポンサーサイト

テーマ : フィリピン - ジャンル : 海外情報

失踪の真実 ⑭

失踪の真実・・・


ジェフリーは、近くに落ちていた棒を拾い、玄関にまわった。

そして、力いっぱい玄関のドアを蹴った。

すごい音をたててドアが開いた。

家の中で寝ていたレイナンとグレイスは、そのすごい音で飛び起きた。

2人が玄関のほうを見ると、人が立っているのが見えた。

朝日が、玄関のほうから差し込んできていたため、まぶしくて誰がたっているのかわからない・・・


「誰だ!!」とレイナンが叫んだ。

すると・・・

「なぜ、騙した・・・なぜだ・・・おまえは俺を愛していなかったのだな・・・」

グレイスはゾッとした。

その声に聞きおぼえがあったからだ。

レイナンは、裸のままジェフリーのほうに向かって歩き出した。

「出て行け!! 勝手に入ってくるな!!!」

その言葉を発した瞬間、にぶい音が家の中にひびいた。

そして、レイナンは床に倒れた。

ジェフリーは、レイナンのアゴを棒で殴りつけたのだ。

レイナンは、うめき声をあげていた。

グレイスは、叫ぼうにも恐怖のあまり声が出なかった。そして、体は恐怖で固まってしまって動かない。

ジェフリーは、倒れているレイナンに近づき、右腕を棒で殴りつけた。

骨が折れた音がした。

ジェフリーは、何度も何度も殴りつけた。

そして、左腕、続いて両足・・・

レイナンは、両手足の骨を粉々にされたのだ。


ジェフリーは、グレイスに近づいた。

グレイスは、恐怖のあまり失禁していた。

ジェフリーの顔は、怒りによって悪魔のような顔になっていた。


「ゆ…許してジェフリー・・・・」

と言った直後・・・



バキッ・・・・



骨の折れる音が、家の中にひびいた。

グレイスがうめき声をあげている。

ジェフリーは、棒でグレイスのアゴを殴ったのだ。

そして、グレイスは、涙を流しながらジェフリーのほうを見た。

そこに立っているのは、グレイスの知っているやさしいジェフリーではなかった。

もう、ジェフリーの怒りは、誰にも抑えられない状態であった。



続く

テーマ : フィリピン - ジャンル : 海外情報

失踪の真実 ⑬

失踪の真実・・・


「この女、昨日見たぞ。」

ジェフリーの目が開いた。

「どこで見たんですか!!」

「ああ、この山を登ったところにナアワンという地域がある。そこを越えて、さらに山を登ったところにルビランというところがあるのだが、そこで見たよ。家を借りて住んでいるみたいだ。男といっしょだったなぁ・・・。」

見つけた・・・

グレイスたちが住んでいるところを見つけた・・・

「これからおれは、ルビランに行くけど行くか?」

男性は、ルビランの友達の家に居候していて、今日の午後、セブに住む自分の娘の家へ行くのだという。

ジェフリーは、男性について行くことにした。

グレイスに会って話すことはないが、なぜか行きたい衝動にジェフリーはかられたのだった。

男性は、バイクでこのサリサリストアに来ていた。

ジェフリーは、男性のうしろに座った。

そして、バイクは出発した。

バイクは、ゆやかな坂道を登って行く。

15分くらい行ったところに町があった。ナアワンというところだ。

バイクは、そのナアワンを通り過ぎ、さらに山を登っていった。

バイクが走る道からは、遠くの景色がよく見えた。

朝日が、とてもきれいだった。

海が見える。そして、海岸沿いの道を車が走っているのも見える。

さわやかな風が、ジェフリーの顔に当たっていた。


坂の途中でバイクが止まった。

男性は、一つの家を指さした。

「あの家だよ。お前さんの写真に写っていた女が住んでいる家は。」

その家は、木でできた小さな家であった。

「会ってもしょうがないんじゃないか?俺はバイクを返して、荷物を取ったらカガヤン・デ・オロに行くが、一緒に行くか?」

ジェフリーは、男性と一緒に行くことにした。

「よし、30分後に、ここをすこし登ったところにサリサリストアがある。そこで待ち合わせをしよう。」

そう言って、男性は行ってしまった。

ジェフリーは、グレイス達の住んでいる家を見つめた。

そして、ゆっくりその家に向かって歩き始めた。

家の外には、洗濯物が干してある。

見たことのある服が干してあった。

ジェフリーは、家の窓から、恐る恐る家の中を覗いた。

家の中は静まり返っていた。

人の気配はないようだった。

ジェフリーは、家の反対側へ回り、そこにあった窓から、もう一度家の中を覗いた。



いた・・・


人がいた・・・



男と女だ・・・ しかも、裸で抱き合いながら寝ていた。

女はグレイスだった。

ジェフリーは、怒りが再びこみ上げてきた。

全てがウソだった。彼女は、自分をだまし、零何と駆け落ちしたのだ。

許せない・・・

絶対に許せない・・・



続く

テーマ : フィリピン - ジャンル : 海外情報

失踪の真実 ⑫

失踪の真実・・・・


ジェフリーは、体調がよくなるまで、広場のベンチで横になることにした。

しかし、なかなか体調はよくならない・・・

辺りは、すでに暗くなっていた。

ジェフリーは、今夜はこのベンチで寝ることにした。

時刻は午後9時となっていた。


午前3時・・・

ジェフリーは、目をさました。

体調も少し落ち着いたようだ。

まだ、夜が明けておらず、辺りは暗かった。

ジェフリーは、カガヤン・デ・オロ行きのバスのバス停に移動し、バスが来るのを待つことにした。

バスは、30分も待たずに来た。

そのバスに乗り、カガヤン・デ・オロへ向かった。


午前4時・・・

バスは、イリガンという街に到着した。

そこで、30分ほど休憩を取るという・・・

ジェフリーは、バスから降りずに、バスの中で寝ることにした。

どれくらい寝ていたのだろうか・・・ジェフリーは目を覚ました。

バスは、海岸沿いを走っていた。

時計を見ると4時40分・・・


急にジェフリーは、吐き気と腹痛に襲われた。

バスの中で、吐くわけにはいかない・・・

ジェフリーは、バスから降りることにした。

バスから降りた途端・・・・・・間一髪であった。

そして、しばらく吐き気と戦った。

周りは、少しずつ明るくなってきていた。

太陽が、のぼり始めたのだ。

ジェフリーは、すぐ近くにあったサリサリストアへ移動した。

そこには、イスがあったので、そこに座って休むことにしたのだ。

サリサリストアは、すでに開店していた。

ジェフリーは、グレイスの写真を取り出した。

そして、少し写真を眺めた後、写真をくしゃくしゃに丸めて、投げ捨てた。

ジェフリーの目から、涙がこぼれ落ちた。

「どうした。失恋でもしたのか?」

ジェフリーに初老の男性が話しかけてきた。

「いえ、なんでもないです。」

男性は、ジェフリーが捨てた写真を拾った。

「この女性が彼女だったのか。気にするな。またイイ女を探せばいい。女なんていくらでもいるんだから。」

男性は、写真をじっと見ていた。

「彼女がいなくなっちゃって、探していたんですけど・・・もう、いいんです。終わったことですから。」

すると男性が、

「この女、昨日見たぞ。」と言った。

ジェフリーの目が開いた。

「どこで見たんですか?」



続く



テーマ : フィリピン - ジャンル : 海外情報

失踪の真実 ⑪

失踪の真実・・・



ジェフリーは、怒りを必死でおさえた。

そして、自分のSIMカードを自分の携帯に戻し、電源を入れた。

電源を入れた途端、ジェフリーの携帯がなった。

グレイスの友達のジーナからだった。

ジーナは、ジェフリーを心配して電話してきてくれたのだ。

ジェフリーは、グレイスとレイナンのことは話さなかった。

ジェフリーは、全てを秘密にすることにしたのである。

ジーナは言った。

「もうセブに帰ってきなよ。」

「わかった。セブに帰るよ。電話ありがとう・・・。」

ふと、ジェフリーは、グレイスの部屋にあった領収書にメモしてあった携帯のナンバーを思い出した。

ジェフリーは、そのナンバーを自分の携帯に登録していた。

ジェフリーは、そのことをすっかり忘れていた。

そのナンバーに電話をしてみることにした。

ひょっとして、グレイスの携帯のナンバーかもしれないと思ったからである。


呼び出し音がなっている・・・

そして、男が出た。

「もしもし・・・」

ジェフリーは、電話を切ろうとしたところ・・・グレイスの声が聞こえた。

その男は、レイナンだったのだ。

ジェフリーは、電話を切った。

グレイスとレイナンが、今一緒に住んでいることを確信した。

ジェフリーは、セブに帰ることにした。

時刻は、午後3時をまわっていた。



オサミスからセブ行きのフェリーは、明後日までスケジュールがない。

ジェフリーは、早くセブに帰りたかった。一刻も早く、この土地を離れたかった。

カガヤン・デ・オロまで行けば、毎日セブ行きのフェリーが出ている。

運がよければ、今日の8時出航のフェリーに乗れるかもしれない。

ジェフリーは、カガヤン・デ・オロまで行くことにした。

ジェフリーは、グレイスの母親にお礼を言い、そして、舗装された道まで歩いて行った。

そこから、トライシクルに乗り、市場まで戻り、そこで、カガヤン・デ・オロ行きのバスに乗ることにしたのである。



市場に戻ったジェフリー・・・

体調が悪くなってきた。吐き気と腹痛・・・

市場の入口は、ちょっとした広場になっていた。

ジェフリーは、そこのベンチに座って体調を整えようとした。

そして、ベンチに横になり、いろいろグレイスのことを考えた。

ジェフリーは、再び怒りがこみ上げてきた。

「グレイスに会って、本当のことを聞きたい・・・」

しかし、グレイスの居場は全くわからない・・・

グレイスを探すのは、不可能であった。



続く

テーマ : フィリピン - ジャンル : 海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。